コピーライティングがあなたのビジネスをより自由にする~Webマーケティングコンサルタント兼コピーライターが教えます~

コピーライティングはあなたのサービスを明確に伝える手段

あなたはインターネットを通じて、あなたのサービスを必要とする人により多く届けたいと思っていると思います。それを実現するために、あなたは様々な打ち手を考え実行していると思いますが、なかでもあなたのサービスを必要としている人により魅力的に伝えるためには「コピーライティング」は必要不可欠な要素の一つです。
ホームページやブログを使ったWeb集客やネット広告の活用、そしてあなたが実施するセミナーなど、すべてにおいて必要となるのがコピーライティングなのです。特にあなたが新規で獲得したいと思っているお客様をインターネットから集客するには、コピーライティングをいかに実践するかで集客力だけでなく「どのような顧客を集客するか」、いわゆる「顧客属性」が大きく変わって来ます。

あなたが集客したい顧客をまずは明確化する

コピーライティングを始める前に、間違ったライティングでずっと集客出来ないと言う状況を避けるためにやらなければならないことがあります。なかでも、一番最初にすべきことは「あなたの顧客を明確化する」と言うことです。

顧客の明確化において、顧客の①性別、②年齢、③職業、④家族構成、⑤悩み、⑥願望、⑦年収など細かな部分まで整理し、明確化するという取り組みをしましょう。マーケティングの用語で言うと「ターゲット」と言いますが、どのような人をターゲットに対して情報発信するかによって、あなたのブログの内容も、そもそもHPの内容も全く異なったものになります。

女性向けなのか、男性向けなのか、個人向けなのか法人向けなのか、20代向けなのか50代向けなのかなど、すべてのビジネスでは対象年齢や性別まで設定されているのです。これはインターネットのみを使ったビジネスにおいても、店舗型のビジネスであっても実は一緒です。「ターゲット」を明確化しそのターゲットに向けてブログであれば情報発信をする必要があります。 

一目見て「何をしてくれる事業者」なのかを伝える

インターネット上で情報収集している人に私たちが伝えるべきはあなたが「顧客に対して何をしてくれる事業者」なのか?です。
そして、更に、それを3秒以内に一目見て伝わるようにする必要があります。情報収集をしている顧客の行動は年々早くなっていて、あなたが何者かが一瞬で伝わらなければ、すぐに他のサイトへ移動してしまいます。 
あなたが「誰に対して」「何をしてくれるのか」そして、顧客があなたのサービスを受けるメリットは何なのか?を明確に伝えるのが「コピーライティング」です。イメージしていただきたいのは、テレビCMです。テレビCMも15秒程度で商品・サービスを魅力的に伝え消費者の感情に訴えかけています。テレビCMでは、コピーライティングだけでなく映像や音によって訴えかけていますが、コピーライティングはその「文字版」と認識しておけば良いでしょう。要するに一目見て伝わらなければ、あなたのサービスはスルーされてしまうためコピーライティングが重要なのです。 

Web集客までの導線を作る

あなたがWeb集客するには、あなたが何をしてくれる人なのかを一目でキャッチコピーで伝えた上で、より具体的な詳細を伝える必要があります。今は動画もありますからWebサイトに動画を付けるのも一つの選択肢です。ただし、動画以外のコンテンツはすべて「活字」で成り立っています。そのためコピーライティングを実施し、最終的にあなたに会うお申込みにつながる導線を作って行きましょう。あなたのサービスを求めるお客様があなたのサイトを見て一目でお申込みする箇所が分かる必要があります。あなたがお客様とお会いするまでの道筋をライティングで作り上げることで、お客様がスムーズにあなたに会いに来てくださいますよ!