ネットを活用したい仕業・コンサルタントはまず何をすべきか?~Webマーケティングコンサルタント兼コピーライターが教えます~

今まで人からの紹介を中心にお客様を獲得していた。なので、ネットの活用はあまり力を入れておらず、新規顧客の獲得はリアルでの営業や紹介に頼っています。最近、そう言った方からの相談が最近増えています。

今まで優先順位を低くしていた、 
・Webサイトの構築
・ネット広告
・アクセス解析
・コンテンツマーケティング  

などを本腰を入れて実施しようと言う仕業やコンサルタントの方から相談を受けます。 

自分のビジネスに合わせて優先順位を付けて、売上を伸ばす施策を実施する。それがWebマーケティングです。


今まで、紹介や知り合いづてに集客していた方からすると、ネットを使った導線を一つの販路として追加しようとした際に、まず最初に何をすべきなのか?がいまいちわからないと言うお声を聞きます。
なので、今回の記事では「ネットを販路拡大」の一つの施策として活用する場合のステップについて、お伝えしたいと思います。 

1、ネットを活用する目的・目標設定を

ネットを活用してあなたがビジネスを拡大する際に、まずはネットを活用する目的を明確化し、目標設定から始めましょう。

例えば、Webサイトを作ると言っても、集客につながるWebサイトを作るのか、それとも単に看板、名刺代わりにWebサイトを作るのでは全くその意図が異なります。Webマーケティングと言うのは、ネットを使ったマーケティングと言う意味ですので、マーケティングと言うのは理想の顧客を創造し、売上が上がるまでのプロセスを実践し、実際に売上につながるところまで可能とするものです。 
なので、あなたがネットを活用したい場合には、最終的に売りたい商品を明確にし、その目標を達成するために何が必要なのか?を考えて行動する必要があります。
目標設定が曖昧なまま走り出してしまうと、後から修正するのに時間とコストが発生し非効率的になるからです。
そのためにも、まずはネットを活用する目的を明確化し、目標設定をしましょう。

・あなたが集めたいお客様はどのような人なのか
・あなたが最終的に売りたい商品は何なのか 
・ネットを使って将来どの程度の売上UPを目指すのか 

目的と目標設定をした上で走り出しましょう。

2、売上に直結するネット活用を

あなたがネットを活用しようと思った際に、何を優先的に実践すれば良いか?その判断基準は明確です。 
まず、「売上に直結するネット活用」をあなたは実践する必要があります。なぜなら、あなたがネットを使う理由はマーケティングとしてネットを使うのであれば「売上」がUPすることが目標になっているはずだからです。
そのため、あなたがネットを活用する場合に、どの媒体があなたの業種業界では一番理想のお客様に出会えるのかはリサーチをする必要があります。あなたが参入しようと思っている業種業界で、集客につながる場所により多くの競合が存在しているからです。競合の数が全くいない領域でお客様に出会うと言うことはほぼ不可能です。競合はある意味、業界においてすでに成果を出している先駆者でもあるので、競合がいるネット上の領域をあなたもまずは調べて把握するのが賢明です。売上に直結するネット活用を実践するには、どの場所から取り組んで行けば成果が出るのが早いのか。これも競合をまずはリサーチした上で仮説を立てた上でメディアの選定をして行きます。

3、売れる商品でなければ売れない

「売上に直結するネット活用」と言う話をしましたが、その前に重要な事柄があります。それはどんなにネットを活用してキャッチコピーを工夫したとしても売れる商品でない限り、売れないと言うことです。売れる商品である前提がある上で、差別化して行く、キャッチコピーで見せ方を工夫すると言うことが成り立ちます。
ですので、まずは売れる商品を持つと言うことを優先順位を高くしなければならないのです。その上で、競合との差別化などをして行く。それによってあなたが選んでもあらえる存在になると言うステップとなります。

4、相手に伝わるコピーライティングを

あなたが「売れる商品」を持つことが出来、次に見込み客に商品を売る段階になったらあなたは具体的にあなたの消費の魅力や消費者にとってのメリット(ベネフィット)をわかりやすく伝える必要が出て来ます。
あなたの商品・サービスを魅力的に伝えるために必要なのが「コピーライティング」です。特に物販でない場合、コンサルティングなども含めた形のない商品の場合、あなたがお客様に対して何をしてくれる人なのか?をわかりやすく伝えなければ、お客様はまずあなたの存在を認知することは不可能です。
わかりずらい肩書や商品説明はやめましょう。あくまでもあなたが何をしてくれるのか?を分かりやすく伝わることに徹することが大事です。
まずはあなたが何をしてくれる人なのか、認知してもらうこと。それが最初にすべきことです。
今まで営業や人からの紹介で顧客を獲得して来た場合には、口頭で説明することで済んでしまっていたケースもあると思いますが、ネットの場合にはいかにわかりやすく活字で伝えるかが重要になります。“言語化”によりあなたの理想の顧客があなたの存在を認知し、会いに来てくれるようにするためにあなたの商品・サービスのコピーライティングによる言語化を一つずつ丁寧に実施して行きましょう。そうすれば、あなたは多くを説明しなくても、あなたの存在を認知してくれる存在に出会うことが出来ますよ。