独立系コンサルタントがWeb集客するためのコピーライティング~ブログ&Web集客コンサルタントが教えます~

独立系コンサルタントがインターネットを活用する際に最初にすべきこと

コンサルタントとして独立起業しているけれども、Webサイトやネット広告を使ったWeb集客からの新規顧客の獲得などのWebマーケティングが出来ていない。今まで足を運ぶ営業や人とのつながりでクライアントを獲得して来た一方でインターネットの活用が後回しになっている。そう言った独立系のコンサルタントの方は案外多いです。
特にコロナの影響で今までは現場に運ぶ仕事で忙殺されていたけれども、そう言った人と直接お会いする仕事が少なくなり、時間が出来たためネットの活用を本格化しようとしたけれども、何から手をつけたらわからない。そのようなお悩みを私も聞くことが頻繁にあります。
さて、今まで営業や知り合いからの紹介によってクライアントを獲得して来たコンサルタントがネットを使って集客し、売上を上げるにあたってまず何をすべきなのかについて、今回はお伝えしたいと思います。

あなたのサービスを言語化することからスタート

Webサイトをつくる、ネット広告を展開するどちらをするにしても、あなたのサービスを言語化するコピーライティングが大変重要な要素の一つとなります。特に、あなたがお客様に対してどのような悩みを解決出来るのか、お客様に対するベネフィットを明確に言語化して伝える必要があります。そして、お客様の悩みを解決した上で、どのような未来を実現出来るのか「before→After」を明確にすることも重要です。
サービスの質は当たり前に良く、実際に人に会ってしまえば成約出来ると言う既に起業して何年も経っているコンサルタントの方でも、実はサービスを言語化すると言うことが苦手と言うケースがあります。その場合には、ご自身のサービスの強みを認識し、先ほどお伝えした通り、顧客が解決出来る悩みを明確にした上でベネフィットを顧客に伝える必要があります。
また、あなたのサービスは競合に比べてどの点が優れているのか、強みを競合と差別化した上であなたのメソッドを言語化すれば、あなたは他の競合にはないサービスを展開しているコンサルタントであると認識されることになります。既にインターネット上でWebを使ってプレゼンスのある競合と並んであなたが顧客の評価されることになりますので、あなたのサービスの差別化ポイントを明確にしておくことも重要です。競合にはない強みで差別化することが出来れば、あなたのサービスはより顧客に選ばれやすくなるからです。

顧客に伝わるコピーライティングを実践する

前段でお伝えした通り、これから起業するにしても、既に起業して何年も経っているけれども、ネットが活用出来ていない場合には、コンサルタントでサービスがまだ具体的に顧客に伝わる形で言語化されていない場合には、Webサイトやネット広告でサイトやランディングページが表示された際にあなたのサービスが顧客に正しく伝わるための言語化を行い必要があります。その言語化をより短く端的に伝え、サービスを魅力的に伝えるライティングのスキルを「コピーライティング」と言います。
特にあなたが集客を見越してキャッチコピーを作る場合には短い言葉で顧客に伝わるコピーライティングを実践する必要があります。いずれにしても、あなたのサービスのメソッドだけでなく、強み、ベネフィット、解決出来る顧客の悩み、あなたの肩書などを効果的に伝えることであなたに相談したい人にあなたを認知してもらうことが重要です。また、コピーライティングを実践する場合には、抽象度の高い言葉では伝わりにくいと言うことを覚えておきまそう。顧客は、より具体的に自分の悩みがどのように解決され、理想の未来がどのように実現できるのか「自分のこと」に最も興味があります。
その本質を踏まえて、端的に顧客に伝えるコピーライティングを実践しましょう。

Webサイトもランディングページでも、目標達成までの導線づくりを

これから起業するにしても、既に起業して何年も経っていても、ネットをこれから本格的に活用する場合には、あなたのサービスを言語化するコピーライティングを実践しましょうと言うことを上段でお伝えしました。さて、その次にあなたがすることはお問合せやメルマガ登録などの「目標設定」までの導線を確保するためのライティングです。
あなたがランディングページやWebサイトに書く文言によって、あなたに問い合わせして来るお客様は全く異なって来ます。あなたがよりお役に立てる方やあなたが望む理想の顧客を創造するためには、キャッチコピーだけでなくその後のライティングが重要です。そして、あなたが目標設定したお問合せやメルマガ登録などのコンバージョンを達成するための構成とコピーライティングを実施して行きましょう。 
Webサイトの構成とライティングが顧客がよりスムーズにお問合せやメルマガ登録出来るレイアウトになっていれば、顧客もより問い合わせしやすくなりますが、もし、顧客にとってわかりずらい構成であった場合には、顧客はどこに問い合わせをすれば良いのかわからない、登録出来るメルマガが存在していることにも気づかないと言うことにもなってしましまいます。
いずれにしても、独立系コンサルタントがWebサイトからのお問合せやメルマガ登録、ネット広告を実施する際に必要なランディングページを作ってWeb集客するためには目標となる問い合わせやメルマガ登録に顧客がより遷移しやすい導線を考えた構成とコピーライティングを実施しましょう!
また、もう何年もネットを活用したいと思っているのに自分のサービスを言語化できずに悩んでいると言う場合には、無料のオンライン相談会であなたの悩みとこれからすべきことを明らかにしてください。