女性起業家が独立系コンサルで活躍するために大切な3つのポイント~WEBマーケティング&ブログ集客コンサルタントが教えます~

「女性起業家が独立系コンサルで活躍するために大切なことは?」

ビジネスをスタートしたての人が、ふとした時に感じる疑問や悩みですね。

答えは一つではありませんが、悩んだとき、またもう一つ上のステップに進みたいときには、ある程度の具体的な答えや基準が必要なもの。

そこで今回は女性起業家がコンサルビジネスにおいて、成功するために大切なポイントについてお話していきます。

女性起業家がコンサルで活躍するために知るべき3つのポイント

成功するために知るべき重要なポイントは3つあります。

これからお話していく3つのポイントは、実は意外と実践できていな人が多いもの。

だからこそ他の起業家と差をつけるために、これからお話していく3つの大切なポイントをしっかりと実践していきましょう!

見栄えの良いサイト(ブログ)を準備

まず基本的なことですが、WEBサイトやブログを準備することが大切。

無料ブログだけでもNGではないですが、正式なWEBサイトを持っていることは信用度が増します。

特に法人向けに仕事をする場合、看板とも言えるWEBサイトすらないと言うのは信用度が落ちると認識しておきましょう。

起業前の人は作成した上で、既にビジネスとして動き出している人は早めにサイトやブログを整えましょう。

ユーザーに「この人にコンサルをお願いしたい!」と思われるようなサイトやブログを用意しておくことが大切で、サイトやブログの出来栄え次第で依頼数に雲泥の差が出ます。

それこそ適当に作ったサイトやブログ、また一昔前のデザインのままのサイトやブログは信頼性を損ね、実力がある女性起業家であっても相手からの印象は良いものではありません。

今の時代は、その人を知る、そのサービスを知る際には、まずはサイトやブログでチェックする人が多いです。

だからこそ最低限の見栄えが整ったサイトやブログで、あなたの提供するビジネスモデルやサービスなどを訴求していくことが大切。

※注意点としては、変に凝ったデザインであったりする必要はなく、シンプルな見栄えと信頼できるビジネス然としたサイトやブログが良いですね。

ネット集客に力を入れる

先のサイトやブログに繋がる話ですが、ネット集客に力を入れることも女性起業家がコンサルで成功するために大切なポイントです。

・綺麗な自社サイト
・読みやすい自身のブログ
・可能であれば発信用のSNS

これらに力を入れることで、コストをおさえながらも費用対効果が抜群の集客を実現することが可能!

全てのを組み合わせる必要はなく、最低限サイトかブログでの集客を実践すればネット上で半自動的に見込み客開拓ができるので、これを実践しない手はありません。

もちろんキャパに余裕がある人はサイト+ブログ+SNS(ツイッターやフェイスブック、インスタなど)を組み合わせていくのもアリ!

あなたのスタイルに応じて効率的に集客を行っていくことが、成功するために大切なポイントだと覚えておきましょう。

ライティングスキルも磨く

最後にライティングスキルを磨くことも大切なポイントです。

ライティングスキルはコンサル業かどうかに関わらず、どの業界・業種でも必要になるスキル!

だからこそライティングスキルを磨くことで、効率良い集客が可能になり、またあなたのコンサル力をしっかり伝えることが可能になります。

逆にライティングスキルがなければ、自社のサイトやブログ、またSNSなどでもつたない文章になってしまい、コンサル力に疑問を持たれかねません。

・サイトやブログで何か自分なりに伝えたいことを書く
・SNSでこまめにあなたが感じたことを発信していく
・パンフレットやチラシなどでキャッチフレーズを考える

などなどあらゆるシーンで役に立つのがライティングスキル!

少しずつでもライティングについて学んでいくことで、あらゆるシーンで他の女性起業家に差をつけることができる大切なポイントだと覚えておきましょう。

女性起業家がコンサルで起業するためにできることから始めよう

今回は女性起業家がコンサルで成功するために大切な「3つ」のポイントについてお話してきました。

・見栄えの良い自社サイトやブログを用意
・ネット集客に力を入れて効率的な見込み客開拓
・ライティングスキルを磨きあらゆるシーンで他に差をつける

これらを全て実践できている女性起業家は少なく、また全て実践できている女性起業家はもっと少ないです。

あなた自身は3つの重要なポイントをいくつ実践できていましたか。

もし実践できていない、取り入れられていない項目があれば、今日から少しずつでも取り入れていくことをオススメします。

「そんな簡単なことで…」と感じる項目もあったかもしれませんが、今回の3つのポイントはユーザー(将来のクライアント)からしてみれば、当たり前にできていて欲しい部分なのです。

だからこそ今回お話した内容はできていて当然、できていないとマイナス評価になってしまいかねない部分でもあります。

今回お話した項目を全て完璧にするのではなく、全てのバランス良く一定の水準まで引き上げる!

それだけでもユーザーからの印象は段違いに良くなります。

そして問い合わせや受注件数などに影響が出てくる右肩上がりの流れ、改善してからの流れをぜひ実感してみることをオススメしますよ!