WEBマーケティングで求められる文章の大切な3つのポイント~WEBマーケティング&ブログ集客コンサルタントが教えます~

「WEBマーケティングで求められる文章は難しい」

そう思ってWEBマーケティングに大切なライティング力を鍛えることを、はじめから投げ出してしまっている人はとても多いです。

ですがWEBマーケティングに求められる文章は、要点をおさえれば意外とシンプルなもの。

もちろん必要な要素はいくつもありますが、最低限必要なポイントを意識するだけで見違えるほど文章が良くなります。

今回は文章が苦手な人へ向けて、WEBマーケティングの文章で大切な3つのポイントについてお話していきたいと思います。

WEBマーケティングの文章で大切な3つのポイント

WEBマーケティングの文章で大切な3つのポイントですが、どれもシンプルで難しくないものです。

もちろん慣れるまでは違和感を感じたり、面倒に感じる部分もあるでしょう。

ですが、3つのポイントを意識して文章を仕上げることは、すなわち結果につながる文章に仕上がる!

だからこそ今回お話する内容をしっかりとチェックして、できるところから取り入れてみてください。

読みやすい日本語を意識する

まず大切な1つ目のポイントは、読みやすい日本語を意識するという点です。

・キャッチーなタイトル
・格好良く感じるフレーズ
・専門用語満載の文章

これらは意外と万人受けせず、むしろ読みにくい文章として読むことを投げ出されることさえ珍しくありません。

上記のような文章はWEBマーケティングとしては失格。

たとえ文章がぎこちなくても、日本語として読みやすければ、それは読み手にとって優しい文章になります。

WEBマーケティングにおけるが「響く文章」として大切なポイントでもあるので、まずは読みやすい日本語を意識して文章を作ってみてください。

体裁を綺麗に整える

次に体裁を綺麗に整えることもWEBマーケティングにおける文章術の基本です。

・誰が何をどうした
・結論が分かりやすい
・箇条書きなどを上手く使う

上記のように文章の体裁が整っているだけでも、ユーザーが読みやすいと感じられる文章に仕上がります。

ちなみに「5W1H(誰が、いつ、どこで、なにを、なぜ、どのように)」まで意識せずとも、「誰が、何を、どうした」程度で充分。

そして結論がわかりやすくまとめ、なおかつ文中で上記のような「・」を活用した箇条書き、リスト化を入れるだけで視覚的に読みやすい文章が出来上がりです。

日本語としてだけではなく、視覚的にも読みやすくて端的に結論が伝わる文章に仕上げる。

これもWEBマーケティングにおける大切な文章術の1つです。

SEOを意識した文章で仕上げる

最後にSEOを意識した文章で仕上げるという点も大切なポイント!

・1ページ1キーワードを意識
・読みやすい文章を意識する
・「あれ、それ」ではなく名称で表記

特に見落としがちなのは、ついつい使ってしまいがちな「あれ、それ」などの表現。

商品名やサービス名を何度も自然に文中に散りばめることで、グーグルやヤフーなどの検索エンジンが「この記事(文章)は○○について書いている記事だな」と認識し、関連する検索からのアクセスが増加するようになります。

逆に「あれ」や「それ」などの表現を多用すると、検索エンジンは何を指しているか理解できず、アクセスを得るきっかけを失ってしまうのです。

もちろん商品名を不自然なほど連呼するのは、ユーザーにとって読みにくい文章になってしまいます。

ですが、ある程度は「あれ」や「それ」などの表現ではなく、名称を繰り返し使って文章を作成することで、SEOに有利(WEBマーケティング的にも有利)な文章に仕上がると覚えておきましょう。

WEBマーケティングに最適な文章でアプローチ

今回はWEBマーケティングの文章で大切な3つのポイントについてお話してきました。

・読みやすい日本語を意識
・体裁を綺麗に整えることも大切
・SEOを意識した文章で仕上げよう

上記3つのポイントがWEBマーケティングにおける文章術の基本です。

他にも大切なポイントはいくつかありますが、文章を書くことが苦手な人でも上記の3点を意識し実践することで、効率良くターゲットへアプローチすることができます。

ブログやサイトでアプローチする際にはもちろん、各種SNSで短い文章を書く際にも使える大切なテクニックです。

文章が苦手な人こそ、上記の重要ポイントを常に頭の片隅に置き、WEBマーケティングに最適な文章を作成することを心がけましょう。

はじめは面倒に感じても、慣れてくれば当たり前に実践することができる3つのポイント!

これだけでも文章の内容・濃さに、そしてターゲットへの響き方に雲泥の差が生まれますので、ぜひ今日から上記の文章術を取り入れてみてください。