コンサルタントのWeb集客で、メルマガ活用による顧客育成が有効な理由~WEB集客コンサルタントが教えます~

コンサルタントとして起業し、名刺を作って営業したりWebサイトを作ったりした際に、活用したいのがメルマガです。
理由は、そもそもコンサルタントは目に見えない「頭脳」を売り物にしている職業であり、仕事は解決策の助言が中心となります。もちろん、顧客向けに資料を作ったり、ライティングをするコピーライターのような職業のコンサルタントもいますが、助言のみのコンサルタントもいます。
そのため、コンサルタントが何を伝えるかと言う際に、必要になるのが「頭脳」、つまりコンサルティングの助言によって何が提供出来るかを「言葉で伝える」と言うことです。
Webサイトを作り、サイト内でブログを書いているコンサルタントもいると思いますが、ブログは単に書いているだけでは集客に繋がりません。Webサイトを作ってブログを書くと同時に「メルマガ」を活用することであなたのコンサルティングで得られる価値を言葉で伝え、お客様から信頼を得ることが重要です。

Webサイト内にブログがあるのに、集客に繋がらない課題

私自身、様々なコンサルタントの方のWeb活用をサポートしていますが、Webサイト内にブログがあるけれども集客に繋げられていないと言うケースです。定期的にブログを書いているのにも関わらず、集客に繋がらないのはとてももったいないことですよね!
Webサイト内にあるブログは、真面目な個人事業主や経営者の方であればある程、コツコツを更新をされているケースが多いです。
しかしながら、それを集客に繋げるということが出来ていないのは、意図を持って検索サイトでブログ記事を上位表示させるノウハウがないと言うことです。
検索サイトで上位表示するには、ノウハウがあります。コンサルタントであれば、どう言った助言をするのかを伝えることが出来るブログは情報発信に必要不可欠ですので、ブログでも情報発信をしながら、検索サイトで上位表示を達成し、そこから集客に繋げる導線を構築して行きましょう。

アクセス解析で検索サイトでの上位表示を達成する。

Webサイト内でブログを書いているのに、アクセス解析が出来ていないと言うケースはまずGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールでアクセス解析ツールを実装しましょう。なお、あなたがご自身で設置されなくても、デザイナーの方に頼めば低コストですぐに済んでしまいます。もちろん、ご自身でされても良いですが、経営者であれば全てを自分で行うよりも適宜外注する選択も懸命な選択肢となる訳です。 
また、あなたがどのような検索キーワードでGoogleの検索結果で上位表示が達成されているのかをまずは知ることが重要です。それを可能とするのがGoogleサーチコンソールとなるのです。 
また、とにかく、記事を増やすと言うのは実は得策ではありません。もちろん、記事が多いことは重要なのですが、それ以上に上位表示を達成するには、過去のブログ記事も含めて、テキストを修正したり並び順を変えて検索上位を達成するために最適化することが大事なのです。あなたは、もしかすると過去に書いたブログ記事の見直しを全くせず、なんとなく日々発信していませんか?まずは、アクセス解析ツールを見ながら、過去のブログ記事の見直しをすることが大事です。
例えば、検索サイトで上位表示される際に重要なのが、「一番左の文字」が実は重要と言う点です。検索サイトでは一番左の文字からGoogleが読んでいきます。なので、文字列を少し変えるだけでも効果が表れます。実は、小さな改善が大事なのですが、放置してしまうと結果に結びつかないので、小さな改善を積み重ねて行きましょう。

メルマガは『顧客育成』と『信頼関係構築』のツール

インターネットを使ってコンサルタントが新規顧客を開拓したり、既存のお客様とのリレーションを強化する上で重要なのが「メルマガ」です。最近では「LINE」を使うケースも多いですが、メルマガはLINEよりも歴史が長く、特に人向けのビジネスをしている場合にはメルマガでの発信の方が最適と言えるでしょう。 
さて、繰り返しにはなりますが、コンサルタントは「頭脳」を使ったクライアントに助言を行い問題解決をするブレインとも言える存在であり、課題解決を一緒に考え実行する存在です。そのため、文章でそのノウハウや方法論を定期的に発信することで、あなたの『価値』を伝えることが出来ます。物販と違い目に見えない価値提供を行うビジネスであるため、尚更言語化による情報発信が有効です。

名刺交換した顧客や既存顧客に対しても、メルマガでWeb集客が可能

過去に名刺交換をした方に対して、メルマガで定期的に情報発信が出来ていない。そう言ったコンサルタントの方から相談を受けることがあります。文章が苦手で名刺交換したけれども、メルマガで情報発信を定期的に出来ていない。もしくは、しているけれどもそこからサービスの受注が出来ていないと言うケースです。 
せっかく、名刺が手元にあるのに何も情報発信していないと言うことは、実は顧客接点を一つ失っており、機会損失となってしまいます。まずは、どう言ったコンセプトで情報発信をするのか、そして、情報発信をする頻度を決めましょう。 
名刺交換した先の顧客はあなたがリアルでもう一度お会いする場に出向かなければ、お会いする機会がほぼないですが、メルマガを発信すればこちらからイベントやセミナーの告知が可能となります。 
イベントやセミナーの告知をこちらから主体的に出来る体制を構築することが、あなたの販路を増やす上で重要になります。

なお、特に個人事業主の方が多く使っているメルマガシステムでは、有料のものですと以下の2つが多くなっています。

・アスメル
ホームページはこちらから

・オートビズ
ホームページはこちらから

Webサイトでメルマガ読者を増やし、新規顧客を開拓する

個人向け、法人向け、どちらのコンサルタントでもWebサイトをお持ちの方は多いです。そして、Webサイト上にブログを設置し、定期的に発信している方も多いです。一方で、メルマガ読者を戦略的に増やすことが出来ていないケースがあります。自然体で戦略を練らずにメルマガ読者を増やすことは困難なので、Webサイトのレイアウトの見直しやライティングの見直し、そして検索上位表示するための対策をすることによってメルマガ読者を増やして、新規顧客を開拓致しましょう。 
そのためにすべきことは、 

1,Webサイトのレイアウトの見直し
2,メルマガのコンセプトの見直し、登録し易いバナーやコピーライティングの実施
3,登録フォームの見直し
 

上記の3つの見直しを行う必要があります。 

1,Webサイトのレイアウトの見直し
Webサイトにメルマガ登録フォームを設置するとしても、レイアウト上、どこに設置するかはとても重要です。そもそも、Webサイト上で目立たないところに設置してる、目に入らない場合には改善が必要です。Webサイトの見直しによって、あなたの顧客があなたのメルマガ登録フォームを見つけやすいように改善しましょう。

2,メルマガのコンセプト見直し、登録し易いバナーやコピーライティングの実施
メルマガではそもそもどういった内容を発信するのか、コンセプトが曖昧だと情報発信に一貫性が無くなってしまいます。
あなたが、誰に対してあなたのサービスの価値を発信するのかをまずは決めましょう。
また、コンセプトが決まったら登録し易いバナーやコピーライティングであなたの提供する価値を分かりやすく伝え、顧客にとって魅力的な情報であることを分かりやすく伝えましょう。 

3,登録フォームの見直し
顧客にとって、登録しにくフォームは顧客フレンドリーではありません。そもそも、顧客にとって登録すると言うのは手間であり、登録する手間を省きたいのが顧客です。そのため、登録フォームがそもそも顧客フレンドリーであるかは重要です。自分が欲しい情報だけでなく、顧客フレンドリーなのかと言う視点を持って登録フォームの見直しをしましょう。 

Webサイトからメルマガに登録する仕組みを構築出来れば、それはインターネット上での立派な営業マンになってくれます。なので、あなたがWebサイトでメルマガを設置する際には、上記の3点を踏まえて顧客が登録し易い導線を確立しましょう。 

さて、最後にあなたにお伝えしたいのは、顧客はあなたにいきなり問い合わせするケースもありますが、まずはメルマガに登録してどんな情報、どんな価値を提供しているのか見てみたいと言う場合があります。 

そのため、見込み客であっても今すぐあなたのサービスが欲しい訳ではない顧客は、メルマガで有益な情報を得たいと考えています。興味関心はあるけれども、すぐに買いたい訳ではない顧客に対して、顧客育成としてメルマガで情報発信をすることであなたの価値を伝えて行くことが重要です。 

お客様にも購入のタイミングがあります。サービスを必要とするタイミングが来た時に、メルマガをお読みになった顧客があなたのファンになっていれば、あなたは選ばれるコンサルタントになることが出来ます。 
あなたのサービスの価値や経営理念、あなたの価値観、ノウハウ、方法論と言った情報をブログだけでなくメルマガでも情報発信することによってあなたを必要とする顧客のお役に立つための顧客接点を増やし、新規顧客の開拓に繋げて下さいね!