コンサルタントの集客で、「郵送DM」は法人向け営業に有効です~WEB集客コンサルタントが教えます~

コンサルタントなどのビジネスにおいて、法人向けに「郵送DM」と「メルマガ」を組み合わせた販促ツールの活用で、特に既存顧客への接点を増やし、売上に繋げることは販路を広げる上で実施したい選択肢です。
顧客のニーズに合ったコピーライティングを実施することで、郵送DMにおいても、顧客創造が可能となるため、手元に顧客の名刺などリストがある場合にはメルマガと郵送DMを組み合わせて、法人向けに顧客接点を作る施策を実施しましょう。

法人向けは「郵送DM」とメルマガ活用が有効な理由

法人向けの新規開拓や既存顧客との接点作りにおいて、「郵送DM」が有効です。ネットの時代ですが忙しい担当者に直接的に届く郵送DMは顧客のニーズに合致していれば、訴求力があります。既存顧客に関しては、手元に名刺の顧客リストがあるケースもあり、その場合には顧客リストに基づき「郵送DM」と「メルマガ」両方を送ることで、訴求力を高めることが可能です。
インターネットの活用と紙で直接担当者に届く二つの接点を作ることで、機会損失を減らすことが出来るため、どちらか一つではなく「両方セット」で実施するのが得策です。
定期的にメルマガを送ったりニュースレターと言う形で郵送DMを送れば、イベントや新商品の案内がこちらがお知らせしたいタイミングで出来ます。せっかく良いイベントやセミナー、新商品の開発をしたとしても、お知らせする手段がなければ顧客に認知してもらうことは出来ませんので、顧客接点を増やすことが大事です。

郵送DMはコピーライティングが重要

郵送DMは実はコストもさほどかからず、すぐに始められる方策ではあります。しかしながら、一方でその内容であるコピーライティングが重要です。顧客のニーズに合ったコピーライティングが出来ていなければ、顧客のニーズを捉えることは難しいからです。
特に、既存の顧客がいる場合には、既存顧客に対するアンケート調査や一対一でのヒアリングをするなど、ニーズを把握するよう努めましょう。顧客に対するヒアリングをするために、久しぶりに連絡したら再度研修やコンサルティングを依頼されたと言う事例も実は少なくありません。
いずれにしても、A4裏表の郵送DMにおいて、その内容はネットで実施するコピーライティングとも同じように徹底的に顧客ニーズを把握して言語化する必要があります。抽象度が高く、訴求力の低い内容の郵送DMではあなたが思っているような結果は得られないので、コピーライティングのプロセスを徹底的に実施致しましょう。

法人向けでは「業界を絞って訴求する」必要があるケースも

法人向けにビジネスをしているコンサルタントの場合には、各業種毎のニーズを的確に拾ってコピーライティングを実施した上で郵送DMを作ることも検討する必要があるケースがあります。要するに、同じサービスであっても、業種毎にカスタマイズして提供しているケースは多く、各業種業界によって顕在化しているニーズは異なるためです。
業種業界によって使われる文言は異なるため、各業界に合致した文言を使うことによって、より自分ごととして捉えて頂けることがあります。仮に、自分達とは全く違う業種業界のことであると思われてしまった場合には、その時点で自分達向けではないと判断されてしまう場合もありますので気を付けましょう。

セールスレターを作って添付する

郵送DMでご案内したいサービスを先方にお送りすると同時に、メルマガを配信している場合には同時にセールスレターを作り顧客へ訴求しましょう。Webサイトがある場合には、サイト内にサービス紹介ページを作って、メルマガに添付するのもコストがかからずに実施出来ます。
セールスレターと言うのは、商品やサービスの強みやその中身について説明した「セールス=売る」「レター=手紙」つまり『売るための手紙』と言われる告知のための文章です。なお、有料の商品やサービスの記述がなく、無料のお知らせのみを書いた告知の文章の場合、『ランディングページ』と言われます。 
法人向けに郵送DMとセールスレターもしくは、ランディングページを同時に送り、ご案内をすることで顧客接点を増やし、あなたのサービスを知って頂ける機会を創造出来ます。いずれにしても、実は紙の郵送DMであっても、ネットのセールスレターであっても顧客ニーズを把握するためのアンケートやリサーチを怠らず、コピーライティングを実施して行きましょう。